【インスタ】重要な指標、実は「フォロワー数・いいね」ではない?

Influencer Marketing
この記事のおすすめ読者
  • インフルエンサーに仕事の依頼をしている担当者
  • インフルエンサーマーケティングに関わっている企業のみなさん

 

「フォロワー数、いいね、コメント」は、公開されているデータ

instagramのPR投稿の結果、みなさんは何を見ていますか?

  • どのくらい「いいね」がついてるか、「コメント」がついてるか、
  • フォロワーの数、
  • フォロワーの数に対してどのくらいの数のいいねがついてるか、エンゲージメント率を見たりしてませんか?

 

最近はフォロワーの数だけ見るのではなく、エンゲージメント率も見るのが重要になってきています。

 

関連記事↓

 

「フォロワー数」、「いいね」、「コメント」、「エンゲージメント率」は、私たち全員が「見られるデータ」です。

要は公開されているデータです。

※エンゲージメント率は自分で計算しないといけません。

 

確かに「フォロワー数、いいね、コメント、エンゲージメント率」は重要です。

しかしそれは、公開されている「表面上」の数値になります。

 

隠れた重要な指標、それは「保存数」

instagramには「インサイト」データがあります。

インサイトでは各投稿のリーチ数など細かい結果が見られるだけでなく、自分のアカウントがどのような人からフォローされているのか、フォロワーの男女比や年代、国・地域などもわかります。

  

※インサイトデータが見られるようにするためには、ビジネスアカウントにすること。

※フォロワーのデータは、フォロワー100人以上から出るようになっています。

 

 

各投稿で見られるデータは?

各投稿のインサイトデータで見られる主なデータはこちらになります。

 

  • リーチ数(内、何%がフォローされてない人から見られたか)
  • インプレッション数(ハッシュタグ経由、ホーム経由、位置情報のタグ経由、その他から)
  • 投稿が保存された数
  • ストーリーでシェアされた数
  • 投稿を経由してプロフィールページに行った数

 

 

 

投稿が「保存された数」を見よう!

投稿が「保存された」とはどういうことでしょうか。

 

投稿が保存された数が確認できる場所は、各投稿のインサイトデータの中で、一番右側の「43」と言う数値が付いている箇所になります。

ユーザが投稿を「保存する」という行為の背景としては、

  • 投稿が好きで(クリエイティブや書いてある内容など)保存
  • あとで見返したくて保存(有益な情報だった時など)
  • 参考になりそうな投稿だから保存

などの理由があります。

 

パソコンで言うと、ブックマークに近いような感覚です。

保存した投稿はあとで見返すことができるだけでなく、下記の画像のようにカテゴリーに分けて「ファッション、ペット、コスメ、可愛い人」など、自分で好きなようにカスタマイズして保存することもできます。

カテゴリーに分けて保存しておくと、あとで自分が見返す時に見たい投稿が見やすくなります。

 

保存すると言うことは、その投稿に対しての興味・愛着・熱意など何かしらの気持ちがが高い状態と言えます。

 

例で見る、「保存された数」

実際に例で見ていきましょう。

<1つ目の投稿>

  • いいね:約2,300
  • リーチ数:19,623
  • 保存数:40

に対し、

 

 

 

 

<2つ目の投稿>

 

  • いいね:約3,600
  • リーチ数:19,140
  • 保存数:14

 

 

 

 

比較すると、1つ目の投稿は2つ目の投稿よりも、下記の結果になっています。

  • リーチ数:ほぼ一緒
  • いいね:少ない
  • コメント数:多い
  • 保存数:多い

一見、表面上に見える数値の「いいね・コメント」のみで判断すると、「まあコメントは多いけど、いいねは少ないから、2つ目の投稿に比べて1つ目の投稿の結果は悪かった。」と判断しかねません。

 

ただ、保存数を見ると約2.8倍も高いです。

投稿のクリエイティブや内容などによって、獲得されるいいねや保存数は左右されますが、保存数を指標にした場合、1つ目の投稿の方が結果が良かったともなります。

 

1つ目の投稿の方が保存数が高い理由は、参考になるクリエイティブや投稿内容・あとで見返したくなるなど様々ですが、少なくとも高い興味・関心が持てる投稿で、「熱意の高いユーザ数」とも言えます。

 

PR投稿の結果は、どのくらいいいねがついたかばかり目がいきがちですが、表面上の数値だけでなく、インサイトデータもセットで見て総合的に判断するようにしましょう。

 

まとめ

繰り返しになりますが特にinstagramのPR投稿では、表面上の結果が見えにくく、いいねやコメント数・エンゲージメント率ばかり見がちです。

中にはいいねの数で報酬金が変わったり、キャンペーン結果の指標になることもあるため、「いいね稼ぎ」の行為もたまに見られます。

そのような行為は健全ではなく、健全なキャンペーンとは言えません。

 

目に見える数値も大事ですが、どのくらいの人に投稿が見られたのか、またどのくらいの人が投稿を保存してくれたのかも大事です。

 

特に保存すると言う行為は、投稿に対しての興味関心が高いため、プロモーション内容に対して高い興味を持った数とも言えます。

PR投稿後、インサイトデータを毎回見るようにしましょう。

 

ただし、instagramのインサイトデータは、アカウントを運用している本人しか見られないため、データを見たい場合は本人に連絡して提供してもらうようにお願いする必要があります。

最初の交渉の段階で、PR投稿後にはインサイトデータの提供をしてもらうように契約を結ぶのを推奨します。

 

関連記事↓