「フォロワー数だけ」を見て、人気だと判断して起用するのは危ない!

Influencer Marketing
この記事のおすすめ読者
  • インスタグラムの「フォロワー数」が気になっている人
  • インフルエンサーマーケティングに関わっている企業のみなさん

インフルエンサーを起用する際にフォロワーの多さだけで起用しがちですが、フォロワー数以外にもEG率など他の要素も踏まえて起用した方が良いです。

 

今回の記事では、以下2点について話していきます。

大前提として認識すべき点「フォロワー数って?」インスタ編
同じフォロワー数の人を比べた時の例「フォロワー数<EG率」を見よう!

 


皆さんは、インスタグラマーやYoutuberなどでフォロワー数だけを見て、あの人は人気なんだ・・!インフルエンサーだ!と安易に思ってませんか?

 

ちょうど今日、下記のような記事が出てました。

”ユニリーバ(Unilever)の最高マーケティング責任者であるキース・ウィード氏が、フォロワーを購入して増やしているインフルエンサーたちは今後起用しないと宣言したことで、インフルエンサーマーケティングにおける詐欺行為に関する議論がまた再燃した。”

インフルエンサーの中にはフォロワーを買い、数字を水増しすることでPR費用を高くしてる人がいるため、それに対する問題視・防止について書かれています。

市場全体がフォロワー数に応じた報酬体系になっているため生じている問題です。

 

 

確かにフォロワー数が多い人は、多いだけの理由があります。

クリエイティブの質の高さ、投稿の仕方、世界観、その人のライフスタイルや価値観、容姿、話し方、伝え方などなど、多くのフォロワーから魅力を惹きつける理由は、人それぞれです。

 

しかし、フォロワー数だけを見て、あの人は人気がある!影響力がすごい!と安易に思わないでください。

では、何を見たらいいのか?

その前にまず、大前提として下記に書いた内容があることを認識しましょう。

 

フォロワー数って?フォロワーの中身って?「インスタ編」

インスタグラムでのフォロワーって一見ファンの数に見えがちですが、実はそうではありません。

少し考えればすぐわかることですが、私たちは目に見えるもので判断しがちです。

 

皆さんもインスタで特に好きでなくても何となくフォローしてる人もいますよね?

フォローしてる人たちの中身は、

  • ファン(容姿や価値観が好み)
  • 特に理由はないけど何となくフォローした
  • 面白半分でとりあえず見てる(だけどコメントやいいねは特にしない)
  • アンチ(何かツッコミどころがあるときはコメントや5ちゃんねるで批判)
  • 企業宣伝アカウント、ダミーアカウント(いいねやフォロワー増加ツールなどを使って、自動でフォローしてくるなど)
  • 昔はインスタグラムを頻繁に使ってたけど、今はもうログインしてなく機能してないアカウント

など、様々です。

 

フォロワーの全員が「ファン」と言うわけではないのです。

 

関連記事↓

 

 

では実際にインスタグラムでの例を出して見てみましょう。

同じフォロワー数の人を比べた時の例「フォロワー数<EG率」を見よう!

以下に出す2人のインフルエンサー(インスタグラマー)の例は、ほぼ同じ数のフォロワーがいても、ユーザからのアクションに差がある、というのを見るために取り上げています。

 

インフルエンサーマーケティング界ではEG率3%以上だと高いと言われており、EG率が高めのお二人を比較しました。

 

では、インスタでのフォロワーが約7.9万人、7.6万人を持つ二人のインフルエンサーを見ていきましょう。

 

大学生時代からサロンモデルや赤文字系の読者モデルとして長年活躍し、現在はインフルエンサーとして活動している方です。PR経験多数。
フォロワー数:7.9万人(2018/7/26現在)

・ 晴れた日はめーいっぱいお散歩🐶💠 おもちがルンルン歩いていると それだけで母ちゃん幸せ😌💓 先日 @acote_aoyama でまつ毛パーマをかけたから この梅雨のまつ毛対策は完璧🙋🏽‍♀️☔️🍬 なりたいまつ毛にパーマをかけてくれるから 私のまつ毛は完璧な上向き扇型✨✨ ゆらゆら揺れるお気に入りのピアスと 150点満点な上向きまつ毛で 憂鬱な梅雨のお出かけが楽しいです🍧💕 #acote #アコテネイル #まつ毛パーマ #梅雨対策 #梅雨対策ばっちり #naturalijewelry #ゆらゆらピアス #モテピアス #おもち #世界一可愛いトイプードル #親バカ

A post shared by 水野佐彩 (@saayamizuno) on

こちらの方の各投稿につく、いいねの数は1,500~3,500ほど。

EG率は約1.8~4.5%で、平均約3%となります。

 

 

すみだかほさんもサロンモデルなどで活躍しているインフルエンサーです。PR経験多数。
フォロワー数:7.6万人(2018/7/26現在)

今日はちゃんと21さいにみえるでしょ

A post shared by すみだかほ (@kaho_smd) on

こちらの方の各投稿につく、いいねの数は4,000~7,000ほど。

EG率は約5~9%で、平均約7%となります。

 

改めてまとめると↓


水野佐彩(@saayamizuno)さん (2018/7/26現在)
  • フォロワー数:約7.9万人
  • 各投稿につくいいね数:1,500~3,500
  • EG率:平均約3%
すみだかほ(@kaho_smd)さん(2018/7/26現在)
  • フォロワー数:約7.6万人
  • 各投稿につくいいね数:4,000~7,000
  • EG率:平均約7%

 

同様のフォロワー数でもこれだけユーザからのアクション数に違いがあります。
今回はあくまでも一例ですが、どのフォロワーの数(1万台、3万台)でも同様のことが起こってます。

 

これだけユーザからのアクション数に違いがある理由は、様々です。
インフルエンサーの投稿のスタンス(ユーザとコミュニケーションの有無)やスタイルなど一概には言えません。

 

インフルエンサーマーケティングに関わる担当者の中で、インフルエンサーを起用する際は安易にフォロワー数の多さだけで起用するのはやめましょう。
彼女・彼ら達のスタイルやこれまで行って来た活動、EG率など総合的に判断して起用していきましょう。