【インスタ】エンゲージメント率、見るポイントは?【注意する点】

Influencer Marketing
この記事のおすすめ読者
  • インフルエンサーマーケティングに関わっている企業の人。
  • インフルエンサーに実際に仕事を依頼したことがある人。

 

エンゲージメント率を見るのが大事。では見るポイントは?

インフルエンサーマーケティングでは、instagram、Youtube、twitter、その他ブログで活躍しているインフルエンサーに仕事を依頼しています。

割合としてはinstagramで活躍しているインスタグラマーと呼ばれる人たちに依頼する割合が多いです。その次にYoutuber。

 

最近は、ただフォロワー数だけを見て起用するのは良くないと言われています。

なぜなら特にinstagramの場合、フォロワー数を水増しして中身がスカスカな場合があり、実際はファンが目に見えている数よりもずっと少ない場合があるから。

実際は水増しをしていなくても、フォロワー数の中からコアなファンが少ない場合もあります。

そこで重要なのが「エンゲージメント率見る」です。

 

各投稿に対して、ユーザからいいねやコメント、シェアなどがされます。

そのアクション数=エンゲージメント数であり、エンゲージメント率はフォロワーの中からどのくらいの割合の人がアクションしたか、です。

厳密に言うと、アクションしてくれたユーザの中には、実際に投稿した人をフォローしてない人もいますが、許容の範囲とします。

 

下記より、エンゲージメント=EGと表記します。

 

普段の投稿のEG率を見る+「PR投稿だけの」EG率も確認する

instagramに特化してお話しします。

 

プライベートな内容の場合

instagramで活躍しているインフルエンサーは、普段、instagramにプライベートの内容から、仕事の内容、PR投稿の内容まで様々な投稿をしています。

プライベートの内容だと、下記のような内容を投稿することが多いです。

  • ファッション・コスメ情報
  • 食べたものやカフェ情報
  • 旅行先で撮ったもの
  • その他日常の出来事

 

中には、ブランドを立ち上げる、引っ越す、転職、誕生日、パートナーが出来た・別れた・婚約した・結婚した・結婚式の様子・記念日・妊娠した・子供が生まれたなど、よりプライベートな内容を投稿することもあります。

特に上記のようなプライベートに込み入った内容を投稿したときは、獲得エンゲージメントが高い=ユーザからのアクションが多いです。

めでたいことや悲しいことにユーザが多く反応するのもわかりますね。

 

PR投稿の場合

一方で、PR投稿は普段のプライベートな投稿に比べて獲得エンゲージメントは低い傾向があります。

PR投稿は投稿する人が「#PR #AD」といったように、その投稿がプロモーション投稿だとわかるように明記する人もいれば、「○○からいただきました。」などといったように言葉でわかるようにする人もいます。

 

中には、投稿したクリエイティブがものすごくクオリティが高い場合など、普段の投稿よりもユーザからのアクションを多く得られる場合もありますが、通常はPR投稿の場合、普段の投稿よりもEG率が低いと思っていただいた方が良いです。

 

PR投稿のEG率が低い理由

PR投稿のEG率が、普段の投稿に比べて低い理由はいくつかあります。

  1. 単純にPR投稿が嫌いで反応したくない。
  2. そのPR投稿の対象者ではない(例:コスメのPRだけど男性だったり、コスメに興味がない人だったり。)。
  3. 普段のプライベートの内容に比べて、わざわざ「いいね」やコメントをするほどの良い投稿だとは思わない。

などがあります。

特に「1. 単純にPR投稿が嫌いで反応したくない。」が理由の多くを占めていることがあります。

 

例で見る、EG率の違い。

実際にinstagrmで活躍しているインフルエンサーを例に見て見ましょう。

 

伊東亜梨沙さん(フォロワー数:9.72万人。2019年4月4日時点)

伊東亜梨沙 (@arisaito917) • Instagram photos and videos
121.8k Followers, 295 Following, 541 Posts - See Instagram photos and videos from 伊東亜梨沙 (@arisaito917)

伊東亜梨沙さんは、学生時代から読者モデルとして活動しており、女性ファッション誌の読者モデル・サロンモデルも経験されている方です。

早稲田大学出身でもあり、才色兼備としても知られています。

 

現在はインフルエンサーとしてファッション、美容、コスメ関連をPRしており、伊東亜梨沙さんは男性ファンも多いため、時々男性向けのPRも行われています。

 

いくつか投稿をピックアップして比べて見ましょう。

プライベートの投稿の場合

 

 

だいたいいいねの獲得数は2,000以上で、多い投稿だと4,000以上もついています。

 

PR投稿の場合

View this post on Instagram

私のナイトケア😪✨ 肌の悩みは色々あるけど、最近は特に毛穴ケアに重点を置いたスキンケアをしてます☁💙 . リフレッシュスキントナー👉モイスチュアエマルジョン👉美容液👉ポアミルクジェリーの順番にしっかり保湿しながらケア✨ プロフィールTOPに公式HPURLを貼っているので気になる方は見てみてください👀(ストーリーにもハイライト置いてます✌) . . #アクポレス . . . #ACPOLESS #スキンケア#私のスキンケア #美肌ケア#肌ケア#毛穴ケア #洗顔#アクポレスアンバサダー #美容好きな人と繋がりたい#スキンケア大好き #コスメレビュー #PR

A post shared by 伊東亜梨沙 (@arisaito917) on

PR投稿の場合、いいねは1,000~1,700、また本人と一緒に写っていないブツ撮りのみの場合は500前後の場合もあります。

 

PR投稿でもいいねが多くついてる場合がありますが、

その場合はクリエイティブが良いもの

露出が多いもの(ナイトブラやジムで露出が高い)の場合が多いです。

 

まとめ

全ての投稿が、「プライベートの投稿の方がPR投稿よりもEG率が高い。」ではありませんが、プライベートの投稿の方が獲得エンゲージメントが高い傾向がある。と思っていただきたいです。

 

インフルエンサーマーケティングを依頼する側が、誤ってプライベートの投稿のEG率でキャンペーン前に効果を算出して、実際にキャンペーン始めて見たら思ってたより全然いいねがついていない、ユーザからの反応が薄い!ということを防ぐためです。

 

事前に算出する際は、必ず他のPR投稿がどのくらいユーザから反応を得ているか確認して比較しましょう。

 

実際はどういうクリエイティブで投稿するかによっても、ユーザからの反応がかなり左右されるため、どのようなクリエイティブ、訴求にするのかもセットで考えるのを推奨します。